HOME  お役立ちブログ  求人ボックスとは?無料の求人掲載方法やシステムについてご紹介
お役立ちブログ

求人ボックスとは?無料の求人掲載方法やシステムについてご紹介

近年ではIT化に伴い求職者の職探しのツールとして、インターネットが用いられる機会が増えました。
したがって採用する企業側も人材募集にはインターネットを用いることがマストとなっています。

今回は近年ユーザー数が増えてきている求人検索エンジンである求人ボックスについてお話しします。

求人ボックスとは

求人ボックスとは、食べログや価格.comでおなじみの株式会社カカクコムが2015年に運営開始した求人検索エンジンです。
求職者は「職種・業種」「勤務地」「雇用形態」などのキーワードをもとに希望の求人情報を検索することができます。

掲載求人は500万件以上と国内最大級となり、2021年時点での月間利用者数は700万人以上となります。
求人検索エンジンである求人ボックスはWEB上の求人情報をクローラーで自動収集し、独自のアルゴリズムに基づき情報の整形や掲載の判定を行っています。
求人ボックス以外で求人検索エンジンとして著名なものはIndeedやスタンバイが挙げられます。

求人ボックスは有名人を起用した広告にも力を入れており、今後のユーザー数の増加も期待できる求人媒体となります。

求人ボックスでの無料求人掲載の方法

求人ボックスで無料求人掲載する方法は2つあります。

1.求人ボックスに登録し直接求人情報を投稿・掲載する

こちらの方法ではまず求人ボックスに新規会員登録します。
その後「採用ボード」から募集要項や仕事内容といった情報をフォーマットに沿って入力していくことで求人の掲載ができます。
求人に関わる必須項目に加え、写真の追加やアピールポイントを入力する項目もありますので求職者に対して自社の魅力を伝えることが可能です。

2.自社の求人情報をクローリングさせ掲載させる

こちらはすでに用意してある自社の採用ページを求人ボックスのクローラーに読み込ませることで求人を掲載させる方法です。
基本的に自動で求人ボックスに読み込まれますが、企業側から依頼をかけることも可能です。

求人ボックスの有料プラン

求人掲載から応募者管理・採用まで一括して無料で利用できる求人ボックスですが、有料プランも用意されています。
求人ボックスの有料プランは掲載求人のクリック課金方式のいわゆる「リスティング広告」になります。
有料プランを利用する事で自社の求人情報をより求職者の目に留まりやすい「広告枠」に掲載できます。

求人ボックスのリスティングには2種類の運用方法があります。

手動運用・・・25円から1000円の1円単位の設定範囲で入札単価を手動で設定できます。

自動運用・・・設定した予算に対して「クリック数の最大化」を目的に自動で入札単価が調整されます。

広告の効果については管理画面上で日別、月別キャンペーン別で測定が可能です。

まとめ:求人ボックスでの採用活動に向いている企業

求人ボックスは基本料金が無料・掲載期限もないため、長期的な採用計画がありかつ予算を抑えたい企業に向いているでしょう。

✿近年ではIT化に伴い求職者の職探しのツールとして、インターネットが用いられる機会が増えました。

したがって採用する企業側も人材募集にはインターネットを用いることがマストとなっています。

 

今回は近年ユーザー数が増えてきている求人検索エンジンである求人ボックスについてお話しします。

 

求人ボックスとは

求人ボックスとは、食べログや価格.comでおなじみの株式会社カカクコムが2015年に運営開始した求人検索エンジンです。

求職者は「職種・業種」「勤務地」「雇用形態」などのキーワードをもとに希望の求人情報を検索することができます。

 

掲載求人は500万件以上と国内最大級となり、2021年時点での月間利用者数は700万人以上となります。

求人検索エンジンである求人ボックスはWEB上の求人情報をクローラーで自動収集し、独自のアルゴリズムに基づき情報の整形や掲載の判定を行っています。

求人ボックス以外で求人検索エンジンとして著名なものはIndeedやスタンバイが挙げられます。

 

求人ボックスは有名人を起用した広告にも力を入れており、今後のユーザー数の増加も期待できる求人媒体となります。

 

求人ボックスでの無料求人掲載の方法

求人ボックスで無料求人掲載する方法は2つあります。

 

1.求人ボックスに登録し直接求人情報を投稿・掲載する

こちらの方法ではまず求人ボックスに新規会員登録します。

その後「採用ボード」から募集要項や仕事内容といった情報をフォーマットに沿って入力していくことで求人の掲載ができます。

求人に関わる必須項目に加え、写真の追加やアピールポイントを入力する項目もありますので求職者に対して自社の魅力を伝えることが可能です。

 

2.自社の求人情報をクローリングさせ掲載させる

こちらはすでに用意してある自社の採用ページを求人ボックスのクローラーに読み込ませることで求人を掲載させる方法です。

基本的に自動で求人ボックスに読み込まれますが、企業側から依頼をかけることも可能です。

 

求人ボックスの有料プラン

求人掲載から応募者管理・採用まで一括して無料で利用できる求人ボックスですが、有料プランも用意されています。

求人ボックスの有料プランは掲載求人のクリック課金方式のいわゆる「リスティング広告」になります。

有料プランを利用する事で自社の求人情報をより求職者の目に留まりやすい「広告枠」に掲載できます。

 

求人ボックスのリスティングには2種類の運用方法があります。

手動運用・・・25円から1000円の1円単位の設定範囲で入札単価を手動で設定できます。

 

自動運用・・・設定した予算に対して「クリック数の最大化」を目的に自動で入札単価が調整されます。

 

広告の効果については管理画面上で日別、月別キャンペーン別で測定が可能です。

 

まとめ:求人ボックスでの採用活動に向いている企業

求人ボックスは基本料金が無料・掲載期限もないため、長期的な採用計画がありかつ予算を抑えたい企業に向いているでしょう。

 

求人にお困りなら「リクアシ」にお任せ!
完全定額制で複数の求人媒体の運用代行!応募があったらすぐにお知らせ!
人材採用の「めんどくさいところ」をまるっと代行いたします!

関連記事


ページトップへ