HOME  お役立ちブログ  seo記事に最適な文字数とは?上位表示されるためのポイントとは?
お役立ちブログ

seo記事に最適な文字数とは?上位表示されるためのポイントとは?

seo記事に最適な文字数とは?上位表示されるためのポイントとは?

seoライティング記事では文字数が多い方が良い?

seoライティングでよく上がる話題に、文字数の多少があります。

どのくらいの文字数が良いのか、2000~3000文字が適切である、多ければ多いほど良い、文字数は関係ないなど、さまざまな情報が存在します。

seoライティングでは、一体どのくらいの文字数が良いのでしょうか。

 

「文字数が多い=seo効果がある」ではない

「seoライティングは文字数が多い方が上位表示されやすい」という話をよく聞きますが、文字数の多さと検索結果の順位には、直接的な関係性はありません。

これについては、Google社のジョン・ミュラー氏が公式に発表しているため、seoライティング記事作成に当たっては、適切な文字数をあまり気にする必要はないといえるでしょう。

 

なぜseoライティングは文字数が多い方が良いといわれるのか

しかし一方で、検索結果の上位には、文字数の多い記事コンテンツがみられます。

Googleの検索結果に文字数が関係ないのであれば、どうして文字数の多い記事コンテンツが上位ページに表示されるのでしょうか。

 

網羅性のある記事は長文になりやすい

結論からいうと、文字数が多いから上位表示されているわけではなく、「ユーザーの役に立つ情報が豊富にある記事」と評価されているため、上位表示されていると考えられます。

Googleは、ユーザーファーストを理念として掲げており、よりユーザーの問題解決に役立つ情報が、充実した記事ほど「良質な記事」と評価するからです。

問題解決に必要な情報を充実させるには、やはりある程度の文字数が必要となります。

例えば、安い家電を探しているユーザーに、おすすめの商品のみを紹介している記事と、おすすめの商品+自分で探す方法+注意点まで紹介している記事であれば、後者の方がユーザーのためになる記事だといえます。

なぜなら、前者はおすすめ商品の情報しか得られないのに対し、後者は「気に入る商品がなかった場合、自分で探すための方法」と「購入時のリスク回避の方法」も得られるからです。

このように、ユーザーのためになる情報を提供しようとすると、ある程度網羅的・全体的に情報を記載する必要があります。

そのため、長文化しやすいのです。

 

ユーザーニーズを満たす記事は長文化しやすい

また、ユーザーニーズを満たすにも、ある程度の文字数が必要です。

上記のように、検索順位に文字数は関係ないので、ユーザーの問題解決に有益な記事であれば、少ない文字数の記事でも評価されやすいです。

しかし、ユーザーの検索意図・ユーザーニーズをピンポイントで解決する記事を書くことは非常に難しく、ある程度予測を立てる必要があります。

ユーザーニーズを満たす記事を書くためには、ある程度多くの情報を記載することが簡単な方法です。

一つの記事に多くの情報を記載すれば、必然的に長文化し、文字数が多い記事が出来上がります。

 

seoライティングに最適な文字数とは?

検索エンジンからの評価と文字数に関係性がない一方、良い記事は長文化しやすいのであれば、seoライティング記事はどのくらいの文字数を目安にすると良いのでしょうか。

 

seoライティングに最適な文字数はない

検索結果の上位表示に文字数が関係ない以上、seoライティング記事に最適な文字はないといえます。

極端な話、ユーザーニーズさえ満たすことができれば、100文字程度でも上位表示されることはあります。

しかし、上記したようにピンポイントにユーザーニーズを満たす記事を作成することは難しく、また文字数の目安があった方が書きやすいことも事実です。

では、一体どのようにして文字数の目安を定めれば良いのでしょうか。

 

上位サイトの文字数を参考にする

seoライティング記事を作成する際は、狙うキーワードの検索上位の記事の文字数を参考にすると良いでしょう。

目安としては1ページ目の10件くらいの文字数を確認し、その平均を目安とするのがおすすめです。

ここで注意すべきは、文字数はあくまで「目安」であり、そこまで明確に守る必要はないということです。

重要なのは、いかに分かりやすく、ユーザーニーズを満たす文章を作るかであり、文字数は参考程度にとどめておきましょう。

 

上位表示させるためのseoライティングのコツ

ここからは、記事を上位表示させるための具体的な方法について紹介していきます。

以下に紹介するポイントを押さえながら、記事コンテンツ作成に取り組んでください。

 

競合サイトを分析する

自サイトの記事コンテンツの順位を上げるには、競合サイト、特に上位表示されているサイトの記事コンテンツを分析することがおすすめです。

なぜならば、上位表示されている=ユーザーニーズを満たしている記事、と言い換えることができるからです。

上位表示されている記事を分析し、どういった構造なのか、どういった情報を織り込んでいるのかなど、その記事コンテンツの特徴を抜き出します。

そして、どういったところがユーザーニーズを満たしているのかを考えます。

ここで注意すべきは、競合サイトを「丸パクリ」してはいけません。

あまりにも競合サイトと似通った記事コンテンツを作ってしまうと、検索エンジンから評価されないだけでなく、無断転載などで削除要請がくることもあります。

あまりにも酷い場合は、著作権侵害で検索エンジンに報告されてしまうケースも考えられます。

あくまでも「参考」程度にとどめ、自分オリジナルの記事を作成しましょう。

 

サジェストワード・共起語を利用する

記事コンテンツの構成・文章を作成する際に、共起語やサジェストキーワードを使用するのも、おすすめです。

共起語とは、特定のキーワードで作成した記事の文章中で、一緒に使われやすいキーワードのことを指します。

それに対して、サジェストワードとは、特定のキーワードと共に検索されやすいキーワードのことです。

例えば「犬」というキーワードで、検索をかけるとすると「犬 小型」「犬 室内 飼いやすい」などの形で検索されることが多いと思います。

この「小型」「室内 飼いやすい」が、サジェストワードです。

共起語やサジェストワードを織り交ぜることで、より多くの検索ユーザーの目に止まりやすくなるのです。

 

まとめ

seoライティング記事において、長文の記事ほど評価されるわけではありません。

しかし、ある程度の文字数がないと、ユーザーが求める情報を提供しにくくなります。

ただ文字数を増やせば良いというわけではなく、きちんとユーザーが求める情報を考えた上で、必要な情報を記載した結果長文になった記事が評価されるわけです。

検索エンジンに評価される記事を作成するには、文字数を意識するよりも、ユーザー目線での問題解決を意識してライティングを行いましょう。

関連記事


ページトップへ