HOME  お役立ちブログ  seoライティングに資格は必要?おすすめ資格と取得メリットを紹介
お役立ちブログ

seoライティングに資格は必要?おすすめ資格と取得メリットを紹介

seoライティングに資格は必要?おすすめ資格と取得メリットを紹介

seoライティングに資格はいるのか?

資格とは、特定の分野において一定の知識・技能を保有していることを照明するものです。
資格を取得できればプロフィールなどにも記載できるため、seoライティングを実践している人の中には、資格の取得を考えている人もいるでしょう。
しかし、前提問題としてseoライティングに資格は必要あるのでしょうか。

 

資格を取らなくても問題はない

結論からいうと、seoライティングの資格がなくても問題はありません。
seoライティングは資格がなくても実践できますし、資格がないとできない対策などもないからです。

seoライティングは副業などで行う人も多く、始めるまでのハードルは低いといえます。

 

seoライティングには勉強が欠かせない

資格は必要でない一方、seoライティングには勉強が欠かせません。
特に、seo対策を行うためには、最低限Googleが提示するガイドラインは覚えておく必要があります。

このガイドラインに違反すると、自社サイトの順位が下がるだけではなく、最悪表示されなくなる可能性もあるからです。

またseoの世界は、日々新しい知識が現れては消えてを繰り返す、スピード感のある世界です。
そのため、覚えている知識が使い物にならなくなることも珍しいことではありません。

加えて、文章の表現方法や漢字、著作権やテーマの専門知識など、覚えなくてはいけないことが数多く存在します。

 

seoライティングで資格を取得するメリット

seoライティングの資格を取得するメリットとして、主に以下が挙げられます。

 

他のライターとの差別化が図れる

上記したように、資格とは「一定の知識と技能を持っていることの証明」です。
つまり、資格を持っているライターは、そうでないライターと比べて評価されやすくなります。

Webライターは人気の職業であると同時に、プログラミングなどと比べてハードルの低い職業でもあります。
そのため、お小遣い稼ぎがしたい学生から副業をしたい主婦まで、幅広い層がWebライターとして活動しており、必然的にライバルの多い職業です。

そんな中、周りのライターとの差別化を図るために資格の取得は有効でしょう。
プロフィールに記載しておけば、企業の目に留まりやすくなる他、倍率の高い案件でも受かりやすくなるなどの益が期待できるでしょう。

 

記事の権威性・信憑性が高まる

資格を持ったライターが執筆した記事は、そうでないライターの記事に比べて信憑性が高まる傾向にあります。

例えば、seo検定に合格した場合は、合格者としてseo検定の公式サイトに掲載してもらえます。
そうなれば「資格保有者」として記事の信憑性が増しますし、またseo検定の公式サイトの被リンクを受けられれば、自サイトの評価を高めることも可能です。

 

seoの正しい知識・ノウハウが身に付く

seoライティングで資格取得をするメリットは、資格そのものというより、資格の取得で正しい知識を得られるところが大きいでしょう。

新しい知識やスキルを、全くのゼロから独学で学ぶことは難しいです。
その点でいえば、資格の教本は知識を体系的・網羅的に記載してあるため、初心者でも学びやすく、効率の良い学習が可能です。

特に、忙しく時間が取れない社会人には、資格勉強を通して知識を身に付ける方法がおすすめです。

 

ライティング技術が身に付く

seoライティングの資格取得は、純粋なライティング技術を身につける意味でも有効です。
ある程度ライターとして活動した経験のある人であれば、文章のまとめ方や表現の仕方で悩んだ経験があると思います。

seoライティングは、seoの知識だけでなくライティング技術も同時に学べるので、文章力の向上も期待できます。

文章力が向上すれば、ユーザーが読みやすく分かりやすい文章を書くことも可能になり、よりライターとしての需要が高まるでしょう。

 

初心者からプロまでおすすめのseoライティングの資格

ここからは、seoライティングの資格取得を考えているが、具体的にどの資格を選べばいいのか分からない方向けに、おすすめの資格について紹介していきます。

 

Webライティング技能検定

「Webライティング技能検定」は、日本クラウドソーシング検定協会が運営している民間の資格制度です。
日本語、Webライティング、seo、コピーライティング、法律など、Webライターが身に付けるべき知識を一通り学ぶことができます。

合格すると「Webライティング実務士」に認定され、各種クラウドソーシングから高単価案件の紹介やポイント寄与などの特典を受けられます。

難易度はそれほど高くなく、また試験は月一ペースでWeb上で行われます。
受験のハードルも低いため、Webライターになったばかりの方におすすめの資格です。

 

Webライティング能力検定

WEBライティング技能検定は、一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会が運営する民間の資格制度です。
Webライティング技能検定と同様に、日本語やseo、コピーライティングなど基礎的な知識を幅広く学べます。

こちらは資格そのものよりも、Webライターとしての基礎的な知識をしっかり学びたい方におすすめです。
日本で最も古いWebライティングの資格であるため、初心者が最初に受けたい資格といえます。

 

seo検定

seo検定は、全日本seo協会が運営する認定資格です。
こちらはseoに特化した資格のため、ライティングよりもseoを学びたい人向きです。
検索エンジンの仕組みやコンテンツseo、検索キーワードの設定方法など、seoを基礎からしっかり学ぶことができます。

seoを学ぶことで、検索結果で上位表示される記事の作成が可能になります。
つまり、seo検定の資格を持っているライターは「上位表示させやすい記事」を作成できるとクライアント側に受け取ってもらいやすいです。

「売れるライター」になるためには、取得しておいて損はない資格といえるでしょう。

 

ビジネス著作権検定

ビジネス著作権検定は、サーティファイ著作権検定委員会が運営する民間の資格制度です。
ライターであれば避けて通れない「著作権」について学べます。

資格を取得することで、記事作成時にやって良いことと良くないことの区別がつくようになります。
著作権違反や盗用などは、検索エンジンからペナルティや低評価を受けるだけでなく、損害賠償などの大事になるケースもあります。

自分を守る意味でも、取得しておきたい資格といえます。

 

Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、株式会社ボーンデジタルが運営する資格で、合格者は「Web検定Webアソシエイト」に認定されます。
「デザイナー」「ディレクター」「プロデューサー」の3職種の知識を学べるため、Webに関わる必要な知識を得ることができます。

Web未経験でライターを目指す人などは、取得しておくと良いでしょう。

 

seoライティングの資格を取る上での注意点

資格は所持者のスキルや知識を証明するものです。
しかし、自分が請け負う仕事に関係のない資格を持っていても、あまり役には立たないでしょう。

例えば、お金に関する記事を書くライターであればFPの資格、インテリア系の記事を書くライターはインテリアコーディネーターなど、seoライティングにプラスアルファして専門的な資格を取得しておくと良いでしょう。

多くのクライアントは、よりリアルで信憑性のある情報を求めているからです。
そのため、専門家や実務経験がある人が書いた記事ほど需要が高まる傾向にあります。
経験者のいうことに説得力があるように、専門の資格を持つライターの方が案件を依頼されやすくなります。

自分がどういったライターになりたいのかを明確に定め、その上で必要な資格の取得を考えましょう。

 

まとめ

seoライティングは、資格がなくても行えます。
しかし、seoライティングをしっかり行うには、きちんとした知識を身に付けることが不可欠です。

資格を取得することで正しい知識を身につけ、さらにクライアントからの信頼を得やすくなる他、案件も獲得しやすくなります。

ライターとして活躍するためにも、seoライティングの資格取得は有効な手段だといえるでしょう。

前に戻る

関連記事


ページトップへ