HOME  お役立ちブログ  404エラーページ必要性と面白い404ページのご紹介

お役立ちブログ

お役立ちブログ

404エラーページ必要性と面白い404ページのご紹介

404エラーとは

404ページとは、ホームページを閲覧しようとする際、リンク切れやユーザーがアクセスしたページが存在しない場合に、表示されるエラーページのことです。

その際、エラーの文章が、Http Error 404と表示されるため、404ページと呼ばれています。

 

404エラーが表示される条件

  • ブックマークに登録していたページがリニューアルなどでなくなった。
  • ページにあったリンク先のページがリニューアル等でなくなった。
  • URLのタイピングミス。
  • ホームページのリンクの記述が間違っていた。

などの条件のときに404エラーが表示されます

 

404ページは必要なのか

まれに404エラーが出るとTOPページに直接リダイレクトするページもあります。

私達、技術者側はリダイレクトされたことがわかりますが、一般のユーザーは何が起こったかわからないので、驚いてしまう可能性があります。

ユーザーに今何が起こっているのか、何のページを見ているのか、をしっかり伝えるユーザーを安心させることが必要だと考えます。

上記のことを考えると、ホームページに404ページは必要だと思います。

 

また以下のサイトのように誘導を作るのが良いと思います。

404が表示される=何かを探していたはずなので

そこにたどり着けるような一工夫をするだけで、

離脱していたユーザーを引き止めることが出来ると考えると有効な手段だと思います。

サイト名 WEBクリエイターボックス

https://www.webcreatorbox.com/404

 

404ページの見た目は重要なのか

エラーページとはいえ「Not Found」の文字、が突然出てくるとユーザーは驚きます。

もしかすると「PCが壊れた?」と思うユーザーもいるかも知れません。

ですので、必要最低限の文言とリンク先などは必要です。

 

404ページのポイント

404ページには【何が起こっているか】を説明する文章を記載する。

お探しのページはいずれかの理由により見つかりませんでした。

1、ページのURLが変更された可能性があります。

2、ページが削除された可能性があります。

3、アドレス(URL)をタイプピングミスしている可能性があります。

・探していたページにはどうやってたどり着くか、または次に何をしたらよいかを記載する。

 

解決方法

1、URLが正しく入力されているかご確認ください。

2、ご意見・ご質問・不具合報告はお気軽にお問い合わせください。

3、トップページに戻る。

上記、最低限の対応を行い、更にホームページの特色を活かしたデザインや文言を作成するとユーザーの心を掴みやすくなると思います。

以下、ホームページの特色を活かした面白い404ページがありましたので簡単にご紹介いたします。

 

面白い404ページ

定番編

サイト名 WEBクリエイターボックス

https://www.webcreatorbox.com/404

上記でも紹介したWEBクリエイターボックスのホームぺージです。

コーディングやデザインについて制作の際に役立つツールなどWEBサイト制作についてのお役立ち情報を掲載しています。

必要最低限の情報とかわいいイラストを使用してあります。

 

サイト名 これからゆっくり考L +α

http://sakaki0214.com/404

こちらも技術者向けサイトになっております。

上記、でお話したとおり、探していたしていたファイルへの誘導やリンク切れを中の人に教えてあげるなど、技術者が見ている想定なので機能するボタンなので設置する際はお気をつけてください。

 

おもしろ編

サイト名 株式会社LIG

https://liginc.co.jp/404

様々な記事を投稿しているWebサイト制作会社です。

闇の世界に行かないように気をつけましょう。

行ってしまった場合は責任を持って、記事を読んであげましょう。

 

サイト名 株式会社サクラクレパス

https://www.craypas.com/404

文房具を主に取り扱っている会社のホームページです。

自社の製品の消しゴムの威力が強すぎて、ホームページが消えてしまったようです。

皆さんぜひこの消しゴムを購入してみてはいかがでしょうか。

 

サイト名 nanapi

https://hiroshima-welcome.jp/404

暮らしのレシピなどを掲載しております。

シンプルイズザベスト。

情報を出しすぎてもユーザーが迷うので、見に来ているユーザーによってはこのくらいがちょうど良いかもしれません。

 

サイト名 Tumblr

https://www.tumblr.com/404

ブログや画像、動画などを投稿するサイトです。

何度か更新すると背景が変わります。

画面酔いしそうな方はブラウザバック推奨です。

 

サイト名 CSS HappyLife

http://css-happylife.com/404

制作側向けのコンテンツでCSSについての記事が掲載されています。

このサイトの404ページは使い勝手と言うよりは趣味のページです。

頑張って縦読みするとちょっと楽しいかもしれないページです。

 

サイト名 面白法人カヤック

https://www.kayac.com/fjsdpo

日本的面白コンテンツ事業を行っている面白法人カヤック

まさかの404ページで採用の募集です。

このページから採用した人がいるのか気になるところです。

ちゃんと英語でも案内しています。

日本のサイトで数サイト404ページを見ましたが、英語の案内があったの面白法人カヤックを含め、数社だけでした。

 

まとめ

ユーザーの利便性を考えた機能的な404があるべき姿だとは思いますが、

あくまで404ページと割り切って遊びの部分も入れるのも面白いと思います。

さすがに求人を404ページで行うのは目からウロコでした。

みなさんも、会社の特色を活かした404ページを制作してみてはいかがでしょうか。


ページトップへ