HOME  お役立ちブログ  seoライティングとは?記事の書き方やコツを基礎から解説
お役立ちブログ

seoライティングとは?記事の書き方やコツを基礎から解説

seoライティングとは?

seoライティングとは、別名を「Webライティング」といい、「Googleの検索エンジンで上位表示させる」ためのライティング技法です。
通常のライティングとは異なり、ユーザーだけでなく、Googleの検索エンジンにも評価されやすい文章を書くことが求められます。

SEOライティングの書き方 コツ

知っておくべきseoライティングの基本項目

seoライティングを実践する前に、以下の7項目について知っておく必要があります。
いずれもseoライティングを実践する上での、基礎となる項目のため、しっかり押さえるようにしましょう。

キーワード

seoライティングにおいて、キーワードは最も重要といっても過言ではない存在です。
なぜならば、検索エンジンは入力されたキーワードを基に、Webサイトを選んでユーザーに表示するからです。

seoライティングでは、「このサイトにはユーザーニーズを満たす情報がある」と、検索エンジンに判断させる必要があります。
そして通常検索エンジンは、サイト内の文章に注目して、キーワードと関連があるかどうかを判断します。

文章中に、どのようにキーワードを配置していくかに絶対のルールはありません。
しかし、あまりにもキーワードを詰め込みすぎて、読みにくい文章になってしまうと、逆に検索順位が下がりやすいので注意しましょう。

ユーザーファースト

seoライティングにおいて、ユーザーファーストはキーワードと並ぶほど重要な要素です。
ユーザーファーストは「ユーザー第1主義」とも言い換えることができ、Googleは「ユーザーが読みやすく、ユーザーの問題解決に役立つ」サイトを評価する傾向にあります。

そのため、seoライティングでは「ユーザーの満足度が高い」文章にすることが大切です。

共起語

共起語とは、検索エンジンにキーワードを入力する際、一緒に入力される語句のことです。
例えば、seoについて検索をする際は「seo 対策」「seo コツ」というキーワードで検索すると思います。
このときの「対策」「コツ」が、共起語です。

共起語があると、Googleは「この記事は網羅性が高いので、ユーザーの悩み解決に役立つ」と判断してくれる傾向にあります。
しかし共起語もキーワードと同様、あまり使いすぎると文章が変になるため、使い方には注意が必要です。

独自性

seoライティングには、独自性も重要になります。
なぜなら独自性の高い文章は、Googleから「このWebサイトでしか提供できない情報がある」と判断され、上位表示される可能性が高くなるからです。

独自性を出す方法として、自身が体験した1次情報を利用することが最も簡単でしょう。

専門性

独自性を出すことと同時に、専門性を出すこともseoライティングにおいては重要です。
これはGoogleが、Webサイトを評価する基準として明記しています。

特に「E-A-T」と称される3つの概念は、seoにおける重要な基準です。
「E-A-T」とは、専門性(Experience)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の3つの要素の頭文字を持ったものです。
中でも専門性は、特に重視される要素とされます。

マークアップ

マークアップとは、検索エンジンに文章や画像を正しく認識させるための記述方法です。
例えば、人間は記事を読んだ際に「見出しがこれで、タイトルがこれ、画像はここ」と、判断ができます。
しかし検索エンジンは、そういった判断ができないため、マークアップで正しく認識させる必要があるのです。

Webサイトは、検索エンジンに高い評価を受けることで上位表示されるため、そもそもコンテンツを正しく認識してもらえないと始まりません。
マークアップは、seoライティング以前の前提の話といえるでしょう。

画像

上記しましたが、検索エンジンは画像を正しく認識できません。
そのため、画像を扱う際は「altタグ」の設定が必須です。

altタグとは、HTMLのimpタグの中に記述される要素の1つです。
画像が表示されないときに、画像の内容を文字で説明しくれます。

seoライティングで意識するポイント ~ 準備編 ~

ここからようやく、seoライティングについての説明に移っていきます。
seoライティングでは、以下の3つのポイントを意識してライティングを行ってください。

ユーザーファースト

上で説明しましたが、Googleなどの検索エンジンでは「ユーザー第一主義」が基本です。
そのため、ライティングをする際は、ユーザー目線での文章作成を心掛けましょう。
具体的にいうと、ユーザーの疑問に答える記事やユーザーが欲しいと思っている情報が、より分かりやすく記述された記事が、それにあたります。
キーワードを練り込むこと、文字数を増やすことばかりに着手してユーザーへの配慮が疎かになると、いつまで経っても順位は上がらないでしょう。

キーワードに沿った文章を書く

原則として、1つの記事で扱うキーワードは1つです。
なぜならGoogleは、記事の内容とキーワードの関連性の高さを重視しているからです。

そのため記事作成では、キーワードを1つに絞り、そのキーワードを軸とした内容の作成を行いましょう。
キーワードに沿った記事作成が行えないと、キーワードとの関連度が低いコンテンツと判断されてしまう恐れがあります。

独自性・専門性の高い記事を書く

こちらも上で説明したことですが、独自性・専門性の高い記事を書くように心掛けてください。
独自性を高める方法としては、以下のような方法があります。

読者からアンケートを取る
その分野のプロに取材をする
実際に足を運び、自分が体験した出来事を書く

また専門性を高めるには、1つの分野について数多くの記事を連載することが有効といわれています。

seoライティングで意識するポイント ~ コンテンツ構成編 ~

seoライティングを行う場合、文章だけでなく、見出しやタイトルなどのコンテンツ構成にも気を使う必要があります。
以下では、主なコンテンツ構成についてのポイントを説明していきます。

タイトルについて

seoライティングを行う際、タイトルには必ずキーワードを加えます。
このとき、できるだけキーワードを前方へ配置することがコツです。
またタイトルは30字程度を目安とし、一目で記事内容が分かるように工夫します。
キーワードを入れたいがあまり、文法的におかしくならないように注意してください。

導入文

導入文は、ユーザーが最初に読む文章であり、ユーザーは導入文によって本文を読むかどうかを判断します。
そのため、ユーザー目線で分かりやすく、記事全体の趣旨を簡潔にまとめてください。
また、導入文にもタイトルと同様にキーワードを前方に入れるようにしてください。

見出しについて

Webサイトにおける見出しは、一般的に以下のような形となっています。
大見出し(h1)
中見出し(h2)
小見出し(h3)

大見出しは、多くの場合「タイトル」を指します。

例えば、タイトルが「産業」ならば「1次産業」「2次産業」「3次産業」が、中見出しです。
さらに「1次産業」の中の「林業」「農業」「漁業」が小見出し、と考えると分かりやすいと思います。

この見出しの中にもキーワードを入れることで、よりユーザー目線で分かりやすいコンテンツにすることが可能です。

seoライティングの注意点

seoライティングを行う際は、以下に紹介する点に気を付けながら行ってください。

著作権の有無を確認する

文章や写真などの作成物には、基本的に「著作権」と呼ばれる権利が存在します。
著作権とは、作者が自分の作成がどう扱われるか決める権利のことで、著作権がある文章や写真を勝手に使用すると、最悪訴えられる危険性があります。
いわゆる「コピペ」と呼ばれる行為がそれにあたり、他者が作成した文章や写真を使用する場合は、必ず「引用元」を明記する必要があります。

しかし、インターネット上には数多くのコンテンツが存在するため、自分で考えた文章であっても、他コンテンツの文章と酷似してしまう可能性があります。
そういった場合は、コピペツールなどを利用してチェックすると良いでしょう。

誤字脱字のチェック

誤字脱字が多い文章は、ユーザーへの配慮が足りていないコンテンツとみなされ、評価が下がる危険性があります。
ライティング後は、必ず誤字脱字のチェックを行ってください。
また世の中には、誤字脱字をチェックするツールもあるため、目視によるチェックに自信がない人は、利用してみると良いでしょう。

リンク切れには注意

記事内にリンクを設置する場合、そのリンクが有効かどうかの確認も行ってください。
リンク切れはユーザー、Googleの双方にとって良くありません。
せっかくクオリティの高い記事を書いても、リンク切れのせいで評価が下がっては勿体ありません。

リンク切れを確認するためのツールもあるため、記事内にリンクが多い場合は、利用してみるのも手です。

Googleのアップデート

Google は、定期的に検索エンジンのアップデートを行います。
これにより、上位表示されていたサイトの順位が大幅に下がることがあります。
例えば上位10位に入っていたはずのサイトが、アップデート後に圏外へ行ってしまった、などということは珍しくありません。

そのため、Googleの動向は常に気を付けるようにしましょう。

まとめ

seoライティングを行うにあたり、最も気を付けるべきは「ユーザーファースト」を心掛けることです。
キーワードの練り込みや文字数などのテクニックは、あくまでも「ユーザーファースト」の上に成り立つものと考えてください。

記事の質を高め、ユーザーファーストを意識したライティングを行うことが、上位表示を狙う上で1番の近道といえるでしょう。

関連記事


ページトップへ