HOME  お役立ちブログ  中小企業がホームページ(WEBサイト)を作るべき5つの理由

お役立ちブログ

お役立ちブログ

中小企業がホームページ(WEBサイト)を作るべき5つの理由

皆さんの会社では自社のホームページ(WEBサイト)をお持ちですか?
現在ホームページ(WEBサイト)をお持ちでない企業様も多いと思います。
「中小企業のホームページ(WEBサイト)なんて誰も見ないよ」
「周りの同業他社がどんどんホームページを開設しているので気になってはいるけれど、いまいち必要性がわからない」
「いつかは作ろうと思っているけれど、一歩が踏み出せない」
それでも年々ホームページ(WEBサイト)に対しての重要度は高まっています。
今回は中小企業様でもホームページ(WEBサイト)を作るべき5つの理由を紹介します。

理由その1:企業イメージが明確に伝わる

今やビジネスシーンでも普段の生活でも、ホームページ(WEBサイト)のチェックは当たり前の行動です。
取引先に訪問する前や、店舗を訪れる前に事前にチェックする。
このような事は当たり前の時代になりました。
逆にホームページ(WEBサイト)を持っていない会社はマイナスイメージを持たれてしまいます。
「本当にこの会社に仕事を依頼しても大丈夫かな?そもそもまだ存在しているのかな?」と余計な不安を顧客に与えてしまうのです。
ホームページがあれば、自社の事業内容、強みや特徴、理念や方針などをしっかりと伝えることが出来ます。

理由その2:ホームページ(WEBサイト)を持たない競合他社よりも圧倒的に有利な立ち位置に立つことができる

紹介や口コミで企業名を知った人の多くはインターネットで検索する時代です。
ところが、検索してみても会社のホームページ(WEBサイト)が見つからない、引っかかってくるのはネット上の電話帳やポータルサイトのみ・・・という状況ですと、お問い合わせをするのに二の足を踏んでしまいます。
しっかりとしたきれいなホームページ(WEBサイト)を構えていて、商品やサービスを写真付きで丁寧に紹介している企業の方が安心できますから、大部分の顧客からのお問い合わせを受けることが有利となります。

理由その3:持続的なサービスPRができる

自社サービスや製品をPRする方法は、ホームページ(WEBサイト)以外にも様々です。
ダイレクトメール、新聞・雑誌広告、折り込みチラシ、TV・ラジオCMなどが挙げられます。
しかし、これらの宣伝手段の集客効果は一時的なものであり、時間が経つにつれ効果は薄くなっていきます。
それに対して、ホームページは持続的に集客効果を発揮できるという特長があります。
そのため、長期的なスパンで考えた場合、ホームページが存在しないと、会社の集客効率を著しく落としてしまうことになります。
ホームページは「24時間365日活躍してくれる営業マン」として、常に会社のサービスを売り出してくれる強力なツールなのです。

理由その4:お問い合わせ窓口の提示と人件費の無駄を削減することができる

会社のホームページが無ければ、連絡を取りたいと思っている顧客はどこに電話やメールをすればよいのかが分からず途方に暮れてしまいます。
もちろん、インターネット上の電話帳やポータルサイト、他サイトに電話番号等の情報が載っている場合もありますが、公式サイトの情報では無いので不安が残ります。
このように、ホームページが無いと顧客がお問い合わせを躊躇してしまう危険性が高いのです。
また、商品やサービスに興味を持った顧客からお客様へお電話があった場合、ホームページの説明を見てもらえればすぐに理解してもらえることでも、ホームページが無ければ社員が四苦八苦しながら電話で説明しなければなりません。
中には言葉で説明するのが難しく「商品・サービスの写真や動画を見てもらえれば簡単なのになぁ・・・」という内容もあるはずです。
電話対応の非効率化による労力と人件費の浪費は、あまり目立ちませんが、じわじわと会社に影響を与えていきます。

理由その5:求職者に企業アプローチがしやすくなる

就職活動用のポータルサイトに情報を掲載しておらず、求人広告等も出していない場合、特に中小企業は求職者に会社の存在を知ってもらえません。
志望者数の確保という点で大きなハンディキャップを背負ってしまいます。
その上、現在求職活動をしている若年者はインターネットを日常的に使いこなしている世代です。
ですから、ホームページ(WEBサイト)が無いだけで「この会社は本当に大丈夫かな? 危険な会社じゃないだろうか」と不安に思われてしまいます。
ホームページの中で、職場の雰囲気や社員の働いている姿が掲載してあれば、求職者は事前に企業の雰囲気を知ることが出来るので、安心して問い合わせすることが出来ます。

まとめ

現在日本のインターネット利用者数は1億人を突破し、人口の8割を超えてさらに増加を続けています。
生まれたときからインターネットが身近にある世代も着実に増えており、そう遠くない未来に多数派になるでしょう。
「ホームページ(WEBサイト)はあって当たり前」と考える人々の割合は年を追うごとに上昇していき、ホームページが無いことが売上げや集客に与える影響も、今後さらに深刻化の一途をたどると思われます。
まだご自分の会社がホームページ(WEBサイト)をお持ちでないという場合は、お早めの開設の検討をお勧めします。


ページトップへ