HOME  お役立ちブログ  WEBマーケティング基礎知識  SEOライティングとは?知っておくべき基本となる知識
お役立ちブログ

SEOライティングとは?知っておくべき基本となる知識

No.1 Web Serviceのタケミです。
「今のホームページを強くするには、記事を書いたらいいですよ」
「SEOライティングが重要です」
という話を聞いたことがあると思います。

今回は、一般的なライティングとの違いがわからないという方に向けて、SEOライティングとは何か、SEOライティングの基本をお伝えいたします。

=============
1. SEOライティングとは
2. SEOライティングで重要な4つのポイント
3. SEOライティングの注意点
4. まとめ
=============

SEOライティングとは

SEOライティングとは、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)を念頭に置いた文章の書き方です。
つまり、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示させることを意識して文章を書くことです。

一般的なライティングでは、ユーザー(読み手)に意味がわかりやすい文章を書くことが大事だと言われています。
それに対し、ユーザーだけでなく検索エンジン(クローラー)にもわかりやすい・読み込みやすい文章にしなければならないのがSEOライティングです。

ユーザーに分かりやすい文章

SEOにおいて「ユーザーファースト」は最も重要な考え方のひとつです。
Googleの会社理念である“Googleの掲げる10の事実”の中で、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる」、「ユーザーの利便性を第一に考えています」と述べられています。

つまり、ユーザーからの評価を重視しているということです。
SEOライティングでは、ユーザーが何を求めているのかを明確にした上で、ユーザーが求めている情報を記事コンテンツで提供していかなければなりません。

・キーワードに対するユーザーの悩みや欲求は何か
・使用している専門用語で伝わるか
・説明・表現がわかりにくくなっていないか

ユーザーことを考えて書き方や内容を工夫していくと良いでしょう。

検索エンジンにわかりやすい文章

Googleがそのコンテンツを検知・評価しやすい文章になっているかも確認しましょう。
Googleの検索エンジンは、代名詞が何を指しているのかを人間のように正確に理解できないため、「この」「あの」「その」といった代名詞はなるべく名詞に置き換え、Googleの検索エンジンに何を指しているのかがわかるような対策が必要です。

しかし、検索エンジンばかり意識したことによってユーザーにとって不自然な文章になったり、文章量は多いけれどユーザーに伝わりにくい内容になったりしては意味がありません。
「ユーザーファースト」を理解した上で、検索エンジンの特徴を把握し、SEOライティングを行いましょう。

SEOライティングで重要な4つのポイント

ユーザー・検索エンジンにわかりやすく内容を伝えるため、次の4つのポイントを押さえていきましょう。

①ペルソナの設定

ペルソナとは、商品やサービスの「架空の顧客像」のことです。
ペルソナを設定することで、読者の検索意図をつかみ、悩みや欲求についてより深く考えることができます。
ペルソナは、探せば実際に存在しそうな人物を想定しましょう。
難しい場合は、家族や友人を設定しても良いです。

②キーワード

SEOにおいて重要なタイトルにキーワードを必ず入れなければいけないことは、広く知られている事実です。
これは、Googleの検索エンジンにコンテンツの内容がわかるようにするためだけではありません。
キーワードが入っていることによって、ユーザーにとってもコンテンツの内容がわかりやすいので、クリックされやすくなるのです。
キーワードはその他にも入れることをオススメします。

・タイトル
・ディスクリプション
・本文
・見出し
・URL

注意すべきことは、キーワードを必要以上に入れてしまうと過剰SEOだと判断され、ペナルティを受ける可能性があるということです。
あくまで自然にキーワードを使用すること、キーワードに沿った文章を書くことを心がけましょう。

③記事構成

記事構成とは、記事における骨組みを作ることです。
記事構成をせずに、いきなりライティングをしたらどうなるでしょうか。
ライティング経験が浅い方は、最初と最後で言っていることが異なったり、何を伝えたいのかわからなくなったりしてしまうことが多いです。
そのようなことにならないよう、まずは記事の見出しを完成させてから、文章を書いていきましょう。

④オリジナルコンテンツ

Googleは独自性のあるコンテンツをもつサイトを評価します。
同じコンテンツが存在していてはユーザーの利便性を損ねてしまうからです。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
引用:Googleウェブマスター向け公式ブログ

オリジナルコンテンツには、実際に体験して得た知識や情報が不可欠です。
自分だからこそ提供できる内容を書いていきましょう。

SEOライティングの注意点

SEOライティングには注意しなければならないこともあります。

誤字脱字

記事を書き終えたら完成ではありません。
人が書く文章には、必ずと言っていいほど誤字脱字があります。
ユーザーに不快感を与えるだけではなく、検索エンジンがわかりにくいと判断してしまいSEO評価が下がるなど、いいことはありません。
ライティングの基本ではありますが、誤字脱字がないかを必ずチェックしましょう。
推敲を重ねることで文章がより良いものになるでしょう。

コピペ

引用については、引用元をはっきりさせているなどルールを守っていれば問題ありません。
しかし、他のサイトにある文章をコピペ(コピーして貼り付け)することはNGです。
他のサイトから無断でコピペすることは、自身のサイトのSEO評価を下げてしまうだけではなく、著作権侵害で訴えられる可能性もあります。
コピペしているつもりはなくともコピペと判断される場合もあるので、
CopyContentDetector
こぴらん
などの無料チェックツールを使用して、コピペ判定されないか確認しておきましょう。

専門用語の使い過ぎ

専門用語を使用してはいけないわけではなく、基本は専門用語ではない誰でもわかりやすい文章を作成することが好ましいということです。
もちろん、キーワードやユーザーによっては、専門用語を使用した方がわかりやすく喜ばれる場合もあります。
ケースバイケースで、柔軟に言葉を選んでいきましょう。

まとめ

今回は、SEOライティングとは何かについてお伝えいたしました。
最初のうちは、一般的なライティングとの違いに戸惑い、ライティングに時間がかかってしまうかもしれません。
SEOライティングは書けば書くほど自分のスキルになります。
しかし、なかなか上手く書けない場合や本業が忙しくSEOライティングに時間が割けない場合もあるでしょう。
そんなときは、無理せずプロに頼みましょう。

もし、現在のホームページで集客できているのか、今後SEOライティングによってアクセス数を伸ばすことができるのか気になる方は、
No.1の伸びしろ診断を受けてみるといいですよ。

前に戻る

関連記事


ページトップへ