HOME  お知らせ  seoライティングの始め方とは?基本の方法とコツ・注意点を解説
お知らせ

seoライティングの始め方とは?基本の方法とコツ・注意点を解説

seoライティング、という言葉はよく耳にするものの、具体的にどう始めれば良いか分からない人は多いと思います。
キーワードに沿って記事を書くことは分かるけれど、タイトルの書き方や構成の作り方など、不明点が多いですよね。

そこで、この記事ではseoライティングの始め方を段落ごとに細かく紹介していきます。

自分でseoライティングを書き始める方は、ぜひ参考にしてください。

 

seoライティングの始め方とは?基本の方法とコツ・注意点を解説

 

seoライティングの始め方① ~ 基本マニュアル ~

まずは、seoライティングの始め方の基本を紹介していきます。
seoライティング記事は、大きく「タイトル」と「見出し」で作られた「構成」と、構成の中身にあたる「本文」、そして「パーマリンク」に分かれています。

それぞれの作り方を覚え、正しく配置していけばseoライティング記事が出来上がります。

 

タイトルの作り方

タイトルとは、その記事の内容がひとめで分かるようにつけられた、記事の名前です。
seoライティングでは、以下の条件を守ってタイトルをつけます。

  • タイトルの文字数は28~32文字
  • 狙うキーワードはなるべくタイトルの始めに入れる
  • タイトルだけで記事の内容が分かるようにまとめる

例えば、狙うキーワードが「seo」で、記事の内容が「記事の書き方」を紹介する場合は、「seo記事はどう書けば良いのか?基本の見出し構成と8つの裏技」のようにします。
ここで注意すべきなのが、書いてある内容をできるだけ具体的にすることです。

上記の例でいうと、「基本の見出し構造」「8つの裏技」がそれに該当します。
もしも、ここを「いろいろ紹介」などのように抽象的にしてしまうと、ユーザーは何を紹介している記事なのか、読み取りにくくなります。

Web上にアップされる記事は、数多くの記事タイトルと共に検索結果として表示されます。
その中から選ばれるためには、少しでも分かりやすいタイトルをつける必要があるのです。

 

見出しの作り方

見出しの作り方は、基本的にはタイトルと似通っています。
見出しとは、簡単にいえば「その章の本文の概要」もしくは「その章の結論」です。

特に、記事の目次・章を表す中見出し(h2)は、その章で何を述べるのかを簡潔に記します。

中見出しには人間だけでなく、検索エンジンにも記事の内容を伝える役割があるため、seo的な評価を高める意味でも、より分かりやすく簡潔に作ります。

また、見出しにはサジェストワードを入れることで、より検索エンジンで上位表示されやすくなります。

 

構成の作り方

seoライティングにおける構成とは、記事の骨組みであり、タイトル(h1)から超小見出し(h4)までを順番に並べて配置したものです。
記事の基本的な構成は、以下の通りです。

(h1)タイトル

 (h2)中見出し
  
  (h3)小見出し
  
  (h3)小見出し
  
  (h3)小見出し
 
 (h2)中見出し
  
  (h3)小見出し
  
  (h3)小見出し
 
 (h2)中見出し
     ・
     ・
     ・
 (h2)まとめ

タイトルが記事全体で「何を伝えるのか」を記しているラベルと考えると、中見出しは章ごとに何を伝えているのかを示すものです。
そして小見出しは、各章の重要ポイントを説明する際に使います。

例えば、「動物の種類」を紹介する記事であれば、「犬・猫・ウサギ」など動物の種類が中見出しにあたり、「柴犬・秋田県・コリー」などの犬種が小見出しと考えると分かりやすいと思います。

その記事で「伝えたいこと」を分解し、重要なポイントを中見出し・小見出しにしていき、ユーザーが分かりやすい流れで配置していくと、記事の構成が出来上がります。

 

本文の作り方

本文を書く上で、以下のポイントに気をつけてください。

  • ある程度の文字数を確保する
  • モバイルユーザーに見やすい文章を意識する
  • 結論から先に書く
  • 適度にキーワードを入れる
  • 共起語を含める

一般的にユーザーニーズを満たす文字数は4000~5000文字程度といわれています。
しかし、どの程度の文字数にするかは、ジャンルやタイトルによって異なります。
500~1000文字程度で済むボリュームの記事を、無理に文字数を増やすのは逆効果です。

また、最近ではスマートフォンで記事を読む人が多く、モバイル場面で読みやすい文章を意識することも大切です。
具体的には、「難しい漢字や専門用語を使わない」「一つの文章は50字程度でまとめる」「2~4行に1回は改行する」などの対策がそれにあたります。

他にも、文章内にキーワードや共起語を織り込むなど、seo対策を施すことも大切です。

 

パーマリンクの選び方

パーマリンクとは、Webページごとに設定されたURLのことです。
このパーマリンクの設定を誤ると、検索エンジンに記事のカテゴリーを正確に認識してもらえなかったり、ユーザーからの評価が下がる原因になったりします。

例えば、seoライティングに関する記事を作成する場合「seo-writing」など、分かりやすいパーマリンクを設定することをおすすめします。

また、パーマリンクは初期段階で設定しておくと良いです。
初期段階に設定しておかないと、「他ページからのリンクが無効になる」「SNSによるシェア数がリセットされる」「seo評価がリセットされる」などの問題が発生します。

 

記事全体で気をつけるべきこと

seoライティング記事の作成で最も気にすべきことは、「ユーザー目線で考えること」です。

いかに読みやすく、ユーザーのためになる情報を提供できるのかが大切です。
例えばGoogleでは「ユーザーファースト」を掲げており、ユーザーのためになると判断された記事ほど評価されます。

seoライティング記事を作成する際は、何よりも「ユーザー目線」を前提に考えましょう。

 

seoライティングの始め方② ~ ライティングのコツ ~

seoライティングの始め方が分かったところで、ここからはライティングの際のコツについて紹介します。
より一層、評価されるseoライティング記事を作成したい人は、参考にしてみてください。

 

専門性の高い記事を目指す

日本国内の検索エンジンで、77%のシェアを誇るGoogleでは、より「専門性の高い記事」を評価するといわれています。
そのため、より上位表示される記事を作りたいのであれば、検索エンジンから「専門的な記事である」と評価される必要があります。

専門性を高める方法として、「独自に集めた情報を掲載する」「専門家による校閲・観衆を行う」「専門機関が調査した情報・URLを記載する」などが挙げられます。

 

ユーザーの疑問を解決する

ユーザーの疑問を解決する記事を書くことも、評価されるseoライティング記事を作成する上で重要です。
上記したように、Googleでは「ユーザーファースト」を掲げているため、ユーザーの疑問を解決する記事を高く評価するからです。

ユーザーの疑問を解決する記事を作成するには、まず狙ったキーワードで検索をする人が、どういった疑問を持つのかを考える必要があります。
そして、その疑問を解決するにはどういった記事を書けば良いのかを考え、記事構成を組み立てます。

 

二番煎じを避ける

Googleは、ウェブマスター向けブログで「オリジナリティの高い記事を高評価する」という旨の投稿をしています。
例えば、自身が体験・検証した独自の情報を使って記事を作成するなど、よりオリジナリティの高い記事を作成できれば、それだけ上位表示される可能性が高まるのです。

逆にいえば、二番煎じの記事やよく見かけるテーマの記事の真似は、評価されにくいといえます。
seoライティング記事の執筆時は、できるだけオリジナル要素を織り込むようにしてみてください。

 

ユーザーから信頼を得る

ユーザーから信頼される記事を目指すことも、評価される上では重要です。
なぜなら、Googleの評価基準の一つには、Trustworthiness(信頼性)があるからです。

ユーザーから信頼される記事を作成するおすすめの方法として、根拠を明確化するというものがあります。

例えば、文章内で何かを主張するときは「~なときは××すべきです。なぜなら、○○という研究結果があり、それによると…」というような流れにすると、きれいに収まります。

ランキングや書き手の主観などを記載する方法も、場合によっては有効です。
しかし、ユーザーの信頼を得るには、やはりきちんとした研究機関や政府が発行する研究結果などを参考にした方が確実でしょう。

 

権威性の高い記事を目指す

Googleの評価基準の一つに、Authoritativeness(権威性)というものがあります。
権威性とは、簡単にいえば「誰が」その情報を発信しているのかを重視するものです。
例えば「有名なseo講師」が発信したブログ記事と、無名の人物が発信したブログ記事であれば、前者の記事がより評価されます。

権威性は、ライティングを工夫するだけではどうにもならない話ではあります。
しかし、今までに何かしらの実績があれば、それを記事内で公開するなどの方法でも権威性は高められます。

また信憑性の高いサイトから引用をする、専門家に監修を受ける、なども権威性を高める上で有効です。

 

サイト全体で一つのテーマを網羅する

seoライティング記事を作成するときは、ジャンルを統一すると良いでしょう。
なぜならば、Googleはサイト内の「網羅性」を重視するからです。

網羅性とは、一つのジャンルに関して、関連性のある多くの記事を掲載しているかどうかを指します。
例えば、ペット関係の記事を書きたい場合は、犬だけでなく猫や鳥・熱帯魚などの記事も書くことです。

さらにいえば、犬の記事でも犬種ごとの記事を掲載すると、もっと網羅性を高めることができます。

このように、一つのジャンルについて、網羅的に記事を書いていくと上位表示されやすくなっていきます。

 

seoライティングの始め方③ ~ 注意点 ~

最後は、seoライティングを始めるにあたって、注意しておくべきことを紹介していきます。

 

著作権・盗用に気をつける

文章を作成するseoライティングにとって、著作権や盗用は避けて通れない問題です。
いわゆる「コピペ」や画像の無断転載などは、訴訟のトラブルに発展する危険性があるため、絶対にしてはいけないことです。

もしも他サイトの文章を自分の記事で使いたい場合は、以下の「引用」ルールに則り行います。

  • 自分が書く記事内容と関連性がある文章であること
  • 文章中で、自分が書いている文章と引用文がひとめで分かるよう区別すること
  • 引用した文章に手を加えないこと
  • 引用文はあくまでもサブとして使う
  • 出典元を明確に記載する

誤字脱字に注意

やりがちですが、気をつけてほしいのが「誤字脱字」です。
人が作成した文章ですから、ある程度の誤字脱字があることは仕方がないかもしれません。

しかし、誤字脱字が多いと、検索エンジンが記事内容を正確に判断できず、seo的に悪影響を及ぼす可能性があります。

記事作成後は、誤字脱字をチェックし、少しでも減らすよう努力しましょう。

 

リンク切れチェックを怠らない

記事内にリンクを設置する場合、リンク切れに注意してください。
リンク切れが直接的にseoに悪影響を与えることはないといわれています。

しかし、リンク切れを放置すると、ユーザーの利便性が低下するため、結果として「質の低い記事」と判断されてしまう可能性があります。

万が一のことが起こらないように、リンク切れが起こっていないか、定期的にチェックしておくと良いでしょう。

 

まとめ

seoライティングは、始め方さえ分かれば、すぐにでも実践できます。
コツや知識面で覚えることは多いですが、実践していけば自然と覚えていける側面が強いです。

seoライティングは、金銭的コストがほとんどかからりません。
あれこれ考えるよりも、まずは始めてみることをおすすめします

前に戻る

ページトップへ