HOME  お役立ちブログ  コーポレートサイトとは?目的別にみたホームページの役割
お役立ちブログ

コーポレートサイトとは?目的別にみたホームページの役割

ホームページの形態は複数ありますが、今回は、会社情報を発信するための「コーポレートサイト」を中心に、ホームページを作る上での目的と役割についてご説明します。
自社のホームページを見直した時、目的がハッキリしていないと感じたら、いま一度、活用する方法がないのか、確認してみることをおすすめします。

 

コーポレートサイトとは

コーポレートサイトとは、「会社概要」や「サービス紹介」「プレスリリース」「IR情報」などの企業情報を掲載している企業の公式サイトです。
英語でCorporate website。直訳すると「企業(法人組織)のWebサイト」となります。
社風や企業イメージを表現する場となるため、「企業の顔」としての役割をコーポレートサイトは担っています。
今や誰でもスマホを持っていることから、気になる会社が目に入ったら直ぐに検索し、その会社を調べられるほど、手軽にインターネットが利用されています。
そんな中、ホームページが無い会社だと「ちょっと怪しい会社」と思われることも少なくないでしょう。
「ユーザーの信用を得る」ためにホームページを活用していないと今の時代、もったいないとも言えます。
しかし、ただ単にホームページがあればいいということではなく、詳しくサービス内容の説明を記載してあり、お客様の声や事例紹介、会社概要や企業理念、社長の思いをしっかりと掲載しておくことで、信用を得られるコーポレートサイトとなるのです。

 

コーポレートサイトの目的

コーポレートサイトは会社案内を目的としたホームページです。

  • どんなサービスの会社なのか
  • 会社の思いはなにか
  • 所在地はどこか

などの紹介をしているサイトとなります。
「こういう会社なのね」と思ってもらうだけで、目的は達成されているといえます。
つまり一般的なコーポレートサイトは、見てもらって問い合わせや資料請求を増やすことを目的とはしていないのです。
問い合わせが来ないと感じたら、「そもそもの目的が違っているのでは?」と考える必要があるかもしれません。
Webからの集客や販売をしている企業であれば、会社案内のホームページとは別に、集客用のホームページも作っているのです。

 

目的が違えばホームページも変わる

会社のサービスや商品に特化したサービスサイトや採用サイト、ECサイトなども、広い意味ではコーポレートサイトといえます。
しかし、一般的にはコーポレートサイトは「会社案内」が目的となります。
そのため、「会社概要」や「サービス紹介」「プレスリリース」「IR情報」などのコンテンツがメインとして制作されます。

 

サービスサイト

目的は、ユーザーを育成することや、顧客の獲得をするためのホームページです。
自社サービスや商品への関心を引き、問い合わせや資料請求、購入につながるようにします。

採用サイト

目的は、採用専用のリクルート情報を発信するためのホームページです。
会社の業績や情報はもちろん社風や雰囲気を掲載することで、見た人にここで働きたいと思ってもらう工夫を凝らし、採用希望者を集めます。

プロモーションサイト

目的は、特定の商品やサービスの情報を宣伝するためのホームページです。
商品を知ってもらい、興味を持ってもらい、購入に繋げる、購買に結び付ける役割をします。

ECサイト

目的は、インターネットで商品を販売するためのホームページです。
自社商品を購入してもらうため、ホームページが店舗の役割を担っています。
ホームページ全体で情報量が多い、ターゲットが極端に違う、などの場合はサテライトサイト(本体サイトとは別で立ち上げたサイト)で制作することが望ましいですが、予算が合わないなどの理由で難しい場合もあるでしょう。
その場合、ホームページの構造を見直し、トップページからの導線や下層ページの在り方などを工夫して、違う目的を持って訪れるユーザーが迷わないホームページ作りが必要となります。

  • サービスにボリュームを持たせて、資料請求に繋げたい
  • 既存ユーザーのサポートにホームページを活用したい
  • 情報発信をメインにしてメディアとして活用したい
  • パートナーの目を引き、ビジネスチャンスを広げたい
  • 求める人材を確保したいから、採用も盛り込みたい
  • 投資家へ向けて、IR情報を重視したい
  • 多言語化したい

様々な目的を持ってホームページを訪れるユーザーがいる中、どこにターゲットを定めるのか、ユーザーの優先順位を見定め、あるべき姿のホームページを作りましょう。

 

ホームページを作る上で大切なことは目的を明確にすること

目的が違えば意図したことと全く違うホームページができてしまいます。ホームページを「立ち上げたい」「リニューアルしたい」と考え、制作会社に依頼したとき、面倒だからと全てお任せにせず、自身の考えを明確に伝えましょう。会社によって打ち出したいコンテンツが違うのは当然の事なのですから。
ホームページを作る目的も何の情報もないまま制作することほど無謀なことはありません。目的によって作り分ける必要があるからこそ「どのようなホームページにしたいのか」が鍵になるのです。

No.1の制作実績はこちら


ページトップへ