HOME  お役立ちブログ  SEOの順位付けの3つの要素
お役立ちブログ

SEOの順位付けの3つの要素

SEOの順位は、Googleがどのように評価しているか?

つまり、Googleがどのようにランク付けをしているか?その要因を知ることで、どのようにSEO施策を行えばよいか、その方向性が分かります。

SEO順位付け要素ですが、Googleが公式にはしておりませんが、200以上の要素があるとされており、非常に複雑です。

ただし、Googleの使命は検索という行為を通して、検索者が求めるコンテンツ、必要としているコンテンツを見つけることをサポートすることにあります。

したがって、必ずしもSEO施策に秀でたサイトを上位表示させることではないのです。

SEO施策をする立場としては、数あるSEOのテクニックを追いかけるのではなく、まず、ターゲットとする人たちが、どんな悩みを抱えて、どんな情報を必要としているのか?ここに焦点を合わせるべきです。

数年前のGoogleの検索エンジンでは、SEOのテクニックが通用しましたが、人工知能・AIの発達により、Googleがコンテンツの内容を把握できるようになってきており、逆にしっかりとコンテンツを提供していければSEOは上がりやすくなってきております。

とはいえ、最低限抑えておきたいポイント、SEO順位付けの要因があります。当記事では、その点に追加解説いたします。

SEOの順位付けの3つの要因

こちらの図は、Googleが順位付け=サイトのランキング化をする時の大まかな配点を指しています。

1. コンテンツ要素

SEOの対象となるページで、検索結果に出てくるページのコンテンツを指します。検索して表示されたページ内のコンテンツの文章の質と量、画像・写真、最近では動画の内容など総合的に判断されます。

2. サイト全体のアクセス数の要素

サイト全体のアクセス数がどれぐらいあるか?も指標の一つです。Googleは、多くの人がアクセスされているサイトを「人気のあるサイト」=「信頼性が高いサイト」とみなします。そのため、サイト全体を通していろいろなページでアクセスを増やすことも重要です。

3. 被リンク要素

外部のサイトからリンクが張られているリンクを「被リンク」と呼びます。被リンクも評価されます。この被リンクについては、当記事の文末に「被リンクの実態について」記載しておりますので、ご覧ください。

 

以上の要素を参考にグラフ図の4位のサイトに注目してみると、ページの内容はしっかりと作っているので、(1)コンテンツ要素は他の上位ページと遜色ありません。ただし、サイト全体のアクセス数が少ないため、どうしてもSEOの配点が低く、トータルでの総合点が低く結果、SEO順位も低い状況です。

そのためにこういった場合は、サイト全体のアクセス数を増やして、SEOの順位を底上げする必要があります。

詳しくは、「サイト全体のアクセス数を増やす方法」をご覧ください

【被リンクの実態について】

2017年ごろまでは、この被リンクを張ると、SEO順位が物凄く上がりました。SEOの専門サービスを提供する各社は、そうした被リンクを張ることを目的としたサイトを多数運営し、顧客サイトにリンクを提供をすることで、SEO順位をアップさせて、その対価として報酬フィーをいただく流れが多くありました。

しかし、それでは、検索者が本当に求める良質なコンテンツのサイトよりも、専門会社からにお金を払って、被リンクを得ている多くのサイトがSEOで上がることになりあます。

これでは、Googleが理想とする本来の検索結果ではありません。そこで、Googleは人為的にリンクを張ったサイトを特定し、そういった被リンクが貼らているサイトには、ペナルティを課すようになりました。

ここでのペナルティとは、大幅な検索順位の下落です。例えば、ペナルティによりこれまで1位・2位表示していたサイトは、急に30位・40位代、あるいは100位圏外に落ちてしまう事態が発生しました。

その後は、こういった被リンクを用いたSEOはだんだん薄れていき、今では検索ユーザーが求めるコンテンツに重きをおいたSEOに切り替わってきました。

被リンクには、こういった経緯があるのですが、逆に、信頼のおけるサイトから自然に張られているリンクは今でも有効です。

前に戻る

関連記事


ページトップへ