HOME  お役立ちブログ  WEBマーケティング基礎知識  SEOの目的と成果を上げるためにすべきこと
お役立ちブログ

SEOの目的と成果を上げるためにすべきこと

No.1デジタルソリューションのWebマーケティング担当の相田です。

私は2008年よりSEOを活用して集客サポートをしてきました。
本記事では、SEOでキーワードでの上位表示だけではなく、その先の成果をいかに出すのか?解説いたします。

SEOの究極の目的

「SEOは何のため?」というと、狙ったキーワードにおいて検索エンジン(GoogleやYhaoo)での上位表示・順位アップをすること。これが大方の答えでしょう。

でも、本当にそうでしょうか? あなたは何のためにSEOで順位アップを狙うのでしょうか?

本来のあるべきSEOとは、
1.狙ったキーワードで検索エンジン上で順位アップする。
2.サイトへの訪問者が増える(アクセス数が増える)。
3.サイト内のコンテンツを見た人に、あなたが望む何らかの行動(問い合わせ等)をしてもらう。

あなたが望む何らかの行動とは、サイト運営の目的でもあり、問い合わせ、購入、資料請求、メルマガ登録などですね。
※成果のことを、専門用語でコンバージョン、略してCVともいいます。

つまり、SEOの目的は「訪問者にあなたが望む行動をしてもらうこと」
これが最終のゴールといえます。

結果、ビジネスの場合でのSEOは、顧客を増やし、売上を増やすこと。
個人サイトの場合では、読者を増やすこと、または稼ぐこと。
ここに集約されます。

ここで成果を出すために必要なことをまとめると、
①SEOでアクセス数を増やす
②サイトで成果を出すために売れるサイトにする
この2点は必須です。どちらかが欠けてしまっては、決して成果にはなりません。

ゴールを達成するための正しいSEOとは

繰り返しになりますが、私が声を大にしていいたいこと。
それは、世の中、順位アップが目的のSEOがはびこっていること。これだけでは、あなたが本当に求める成果は出ない。

上であげたように、ビジネスなら最終的には顧客を増やし、売上アップをすること。
その過程は、検索市場から見込み客をサイトへ誘導し、サイト上であなたが売りたいサービスの魅力を理解してもらい、最終的に購入をしてもらうことです。

売上アップすること。稼ぐことです。

これが私どもが提唱する本当の正しいSEOです。

では、一般のSEOといったい何が違うの?というと、ずばり、プロセスが違います。

私どものSEOでは、大きく分類すると、
①リサーチ、②SEO施策、③改善、この3段階からなります。

これをずっと、継続して行うことで、見込み客を呼び込み、売上アップへとつなげるのです。

一方で、書籍やSEO専門家が説明している一般的なSEOというと、②SEO施策が大半を占めます。

内容はというと、内部対策、外部対策、コンテンツ作成、これらからなりテクニック的な要素が大半を占めます。

私どものSEOでも、同様にテクニック的な要素も追いますが、それはごくわずか。

一般のSEO書籍の内容の10%程度の基本的な知識で十分です。
※競合サイトが強く難易度が高い場合は、もう少し細かい設定もします。

なぜなら、そういったSEOのテクニックやスキルよりも、現在のSEOはGoogleがどうサイトを評価するであり、Googleの求めていることは、サイトの読者にとって有益な情報、コンテンツを掲載しているサイトを評価します。

ここでの情報・コンテンツとは、文章、写真・画像、動画ですが、大方は文章です。

つまり、
・あなたが追い求める未来の顧客(ターゲット)は、どんな人たちか?
・その人たちは、何を求めているのか?
・どんなキーワードで検索をかけるのか?
・サイトへの訪問者には、どうやって商品・サービスの魅力を伝えるのか?
・そもそも商品・サービスは、競合に勝てる魅力を持っているのか?
・競合となるサイトはどんな集客をしているのか?
・競合に打ち勝つためには、どんな施策をすべきか?

こういったところをリサーチしてから、SEO施策と同時にコンテンツの作成をしていきます。
この前段階のリサーチのある・なしでは、最終の成果が全く異なってきます。

上記の内容をみて、ピンときた方もいらっしゃるかもしれませんが、つまり、私どもはSEOだけではなく、そこにプラスして「マーケティング」要素が必須となります。

マーケティングについては、また別に解説しますが、簡単に言うと、マーケティングとは、「勝手に見込み客が集まる仕組みづくり」です。

マーケティングというと、なんとなく難しそう・・・と思ってしまうかもしれませんが、私の10年以上のコンサル経験で、どんなクライアントでも実践できるように落とし込みをし、成果をあげております。その大きな違いは、SEOの前段階のリサーチが成否を左右します。

最後にもう1つ重要なのがサイトの改善です。私どもはこれも当たり前のように行っているのですが、多くの方はサイトを制作してSEOをして、あとはサイトを放置したままのようです。

上記で説明した「①アクセス数を増やす」、「②サイトで成果を出す」 この2点において、
・現時点で改善できるポイントはないか?
・競合に打ち勝つためにはどうすればよいか?
・より 顧客を魅了するためにはどうすればよいか?
継続して、改善点をピックアップし、行うのです。

この改善に終わりはありません。
成果が出たら、さらに成果を出すためにはどうすればよいか?
これをどんどん掘り下げていきます。

成果が出るまで、改善し続ける。成果が出だしたらその流入からコンバージョンまでの経路を把握し、さらに拡大させるために改善する。これを継続して行っていきます。

前に戻る

関連記事


ページトップへ